アートメイクキャンペーン

フォトフェイシャル®

勝村 宇博 先生

日本美容外科学会(JSAPS)・日本美容皮膚学会所属の眼科専門医が施術を行いますので、デリケートな眼の周りの施術も安心してお任せください。

フォトフェイシャル協会当サロンはフォトフェイシャル協会加盟クリニックです。フォトフェイシャル®はフォトフェイシャル協会加盟医療機関のみが行える医療行為です。

フォトフェイシャル®とは 
ルミナス社製、IPL最新機種M22

フォトフェイシャル®とは、ルミナス社製のIPLというマイルドな光を顔全体に照射し、様々な肌トラブルを改善していく治療です。

しみ・そばかすの原因となるメラニン色素に作用し、改善するとともに真皮層にも働きかけることでコラーゲンを増生し、肌のキメや質感を整えます。
透明感がアップし、ハリのある素肌がよみがえります。

レーザーとは異なるマイルドな光治療のため痛みが少なく、施術時間は15分~20分で完了します。
直後からメイクも可能でダウンタイムもないため、気軽に受けることができる美肌治療です。

ペッレサローネ【pelle salone】ではルミナス社製の最上位機種M22を使用しています。従来のフォトフェイシャルと比べきめ細やかな治療が可能です。

効果について

  • しみ・そばかす
  • くすみ
  • 赤ら顔・毛細血管拡張
  • 毛穴
  • 小じわ
  • ハリ感

M22 IPLには、5種類の波長フィルターが搭載されており、肌内部に届く深さがそれぞれ異なります。
表層に働きかける波長でしみやそばかすの改善、真皮層に働きかける波長でハリ感の改善など、ひとりひとりの肌悩みに応じて波長フィルターを選択します。
医師が患者様ひとりひとりの肌状態を診断し、最適な治療を行います。

フォトフェイシャル®のメカニズム

M22 IPLの光が、肌トラブルの原因となっているターゲット(メラニンや毛細血管)に当たると、光のエネルギーがターゲットに吸収され熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。

M22 IPLの光はターゲットのみに反応するため、素肌を傷つけることなくトラブル部分のみに働きかけます。

またM22 IPLは赤外線領域の光も含まれているため、繊維芽細胞が活性化され内側から美しい肌がつくりあげられます。

  • 施術前

    施術前

    乾燥、紫外線によりメラニン色素が沈着してしみ・そばかすのできた肌。

  • 施術中

    施術中2

    顔全体にフォトフェイシャル®の光を照射します。1回の施術時間は15分~20分です。

  • 施術後

    施術後

    光によって肌が活性化し肌老化の症状が改善し、きめが整います。

M22 IPLの特徴

  1. 様々な肌トラブルを同時に改善
    5種類の波長フィルターを肌トラブルに合わせて選択することで、しみ・そばかす、赤ら顔、くすみ、ハリ感など複数の症状を1度の施術で同時に改善していくことができます。
  2. より安全に
    IPLのパイオニアであるルミナス社の最新機種、M22。進化した照射技術により、エネルギーがすべてのパルスで均一に照射されるため表皮へのダメージを軽減し、より選択的に肌トラブルのターゲットにダメージを与えることができるため、さらに安全な施術が可能になりました。
  3. 痛みの少ない施術
    熱伝導率に優れるサファイアガラス製のライドガイド(照射の際肌に触れる部分)により冷却機能が強化され、施術時の痛みが軽減されています。

施術が受けられない方

  • 妊娠中または妊娠している可能性のある方、および授乳中の方(安全性は確立されていません)
  • 日焼けされている方、日焼けの予定がある方(1カ月以内に積極的な日焼け:海外旅行、海、山、ゴルフ、日焼けサロンなどされた方)
  • 現在、他の診療科に通院されている方・過去に手術経験がある方は医師とご相談ください。
    ※既往歴や常用しているお薬につきましてもすべて医師に申し出ください。

副作用

痛み:輪ゴムではじかれたような痛み(耐えられる程度)があります。

施術の流れ

  • カウンセリング・診察

    お化粧を落としていただき、医師によるカウンセリングで患者様の症状を診察します。
    治療プランを提案し、施術の流れからアフターケアまで丁寧に説明します。

  • 施術

    肌を保護、痛みをより軽減するため冷却ジェルを塗ります。
    気になる悩みに対応しながら、丁寧にフォトフェイシャル®を行います。
    IPLの照射時間はお顔全体で15分~20分です。

  • 施術後

    そのまま日帰りでお帰りいただけます。当日メイクも可能です。
    メイクをされない場合は、必ず日焼け止めを塗ってお帰りください。

  • 数日後

    数日後、しみやソバカスの部分が濃く浮き出たような感じがする場合がありますが、無理にこすったりせずにポロっと自然にとれるのを待ってください。
    濃くなる部分はお化粧でカバーできる範囲とお考えください。

よくある質問

痛みはありますか?

軽く輪ゴムで弾かれるくらいの刺激があります。痛みが強い場合はレーザーのパワーを調整いたしますので施術者にお申し出ください。

ホクロは取れますか?

当院で使用しているレーザーはシミ、ソバカス、赤ら顔などの平坦な色素病変に効果がありますが、ホクロなどの隆起性の色素病変に対しては効果が薄いとされています。徐々に色を薄くできる場合はありますので、一度ご相談ください。

ほとんど化粧はしないけど、どうしても日焼け止めしないといけませんか?

レーザーは肌にわずかながら負担をかけるため、レーザーによる刺激でシミが一時的に濃くなる場合があります。また、「加齢が1割、紫外線が9割」とも言われるほど紫外線は肌の老化にとって大敵です。低刺激性のドクターズコスメなどもありますのでなるべく日焼け止めを塗る習慣をつけてください。

なぜこんなに値段が安いのですか?

よく患者さんからご指摘いただくことですが、純粋に「企業努力」ということに尽きます。タネも仕掛けもありません。しかし、昨今の医療材料価格の高騰に伴い、やむを得ず施術料金を変更する場合もありますので一度当院へご確認いただくようお願いいたします。

夏より冬に施術した方が良いですか?

紫外線にはUVAとUVBがあります。UVAは肌の奥にダメージを与えシワ、たるみの原因になります。UVBは肌の表面にダメージを与えシミの原因になります。
夏に比べて冬はUVBが5分の1にまで減りますが、UVAは2分の1くらいまでしか減りません。つまり冬にシミ治療をしても紫外線対策は必要ですし、冬は乾燥との戦いにもなります。アンチエイジングやスキンケアは洗車と同じで日々のメンテナンスが大事なのです。

一回でどれくらいの効果がありますか?フォトフェイシャルと他のレーザーとの違いは何ですか?

他のレーザー治療でシミを取る場合1回で取りきれることもありますが、複数回治療が必要なことも多い上にレーザー照射後に形成されるかさぶたが取れるまでの2~3週間は患部をテープで保護しなければなりません。日常生活に影響が出る期間、つまりダウンタイムが存在します。また、施術約1カ月後からレーザーによる一時的なシミ(PIH)が形成され約2カ月間消えませんし、シミが残った場合の追加治療は約3カ月後になります。最近picoレーザーという新しい機械が登場しPIHが形成されづらくなっていますが、完全にPIHを無くすまでには至っていません。1)

一方、フォトフェイシャルは、複数回の治療が前提となりますがダウンタイムは存在しません。施術直後からメイクも可能です。シミは一時的に濃く浮き出ますが、徐々に剥がれ落ちて約1週間で全て取れます。また、フォトフェイシャルは肌に熱を加えることになるためコラーゲンの増生などが促進され、毛穴、肌のハリなど肌の質も改善させる効果も期待できます。2)

例えてみます。遠くにいる人に話しかけることを想像してください。通常のレーザーは糸電話で話すようなもので、伝えたい相手にはしっかり聞こえるが他人には聞こえない(周りの組織に対しては効果が無い)。フォトフェイシャルは大声を張り上げて話すようなもので、伝えたい相手にも聞こえるが糸電話よりはっきりとは伝わらない。しかし周りの他人にも聞こえる(まわりの組織に対しても効果がある)。みたいなことでしょうか。この例えは完全に私のオリジナルのため、逆に分かりづらかったら申し訳ありません。

フォトフェイシャルを当てた後にシミが多くなることはありますか?

他のレーザーで治療すると、施術約1カ月後からレーザーによる一時的なシミ(PIH)が形成され約2カ月間続きます。しかしフォトフェイシャルで治療すると、シミは一時的に濃く浮き出ますが徐々に剥がれ落ちて約1週間でシミが薄くなります。PIHが出ることは非常にまれです。このようにフォトフェイシャルは施術後の事をほとんど気にしなくて良い、という大きなメリットがあります。しかし、肝斑だけは気をつける必要があります。

肝斑は、見た目は似ていますがシミとは異なります。診断も治療もゴールドスタンダードはありませんが、全世界の医師の見解として一致しているのは肌への刺激が悪化させる要因になっているということです。つまり肌を擦る、紫外線を浴びる、などの刺激でシミのような色素病変が出てしまうのが肝斑なのです。そして肝斑がある女性は多く、なんと調査対象となった女性の34%に肝斑を認めたとする論文もあります3)

肌をこすってはいけませんよ。」とお話しすると「肌を擦っていません。」という答えが必ず帰ってきますが、どうでしょう?拭き取りコットンでメイクを落としていませんか?洗顔している時に肌が少しでも動いていませんか?それはつまり肌をこすっているということなのです。肝斑が悪化します。

話が少しずれましたが、レーザーの刺激も肝斑が悪化する要因になります。強いレーザーを当てると悪化してしまいますし、マイルドな治療であるフォトフェイシャルでも肝斑が悪化することはあります。フォトフェイシャルによりシミが濃くなったように見える場合は肝斑が悪化したことが多く、治療を一旦中止するもしくは肝斑を避けて治療し、トラネキサム酸の内服をします。

施術後のヒリヒリする感じはいつまで続きますか?

フォトフェイシャルは肌に熱を加えますので、当日は日焼けみたいなヒリヒリ感が出ます。しかし翌日にはすっかり治っている場合がほとんどです。逆にヒリヒリ感が翌日まで続くようであればパワーを下げる必要があるということです。その場合は次回の施術までに医師またはスタッフまでお申し出ください。

施術費について

フォトフェイシャル®
1回
¥12,000
(税別)
 
5回セット
¥50,000
(税別)

PAGE TOP